メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶佑氏、新たながん治療に貢献 医学生理学賞5人目

記者会見で笑顔を見せる本庶佑氏=京都市左京区の京都大で1日、川平愛撮影

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)の両氏に授与すると発表した。本庶氏は免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質「PD-1」を発見し、このブレーキを取り除くことでがん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」を実現した。

 日本の医学生理学賞受賞は、山中伸弥・京都大教授(12年)や大隅良典・東京工業大栄誉教授(16年)ら…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1197文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです