メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

今も脈打つ=玉木研二

 <ka-ron>

 知らず知らずに時の暗転にのまれながらも与えられた職に打ち込み、その技の誇りと喜びを次代に。

 歴史に重ね、そうした営みに思いめぐらせる芝居を見た。劇団民芸が東京の紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAで7日まで上演している「時を接ぐ」である。

 旧「満州映画協会」で編集を担った女性技師、岸富美子(ふみこ)さん。半生の自伝「満映とわたし」(石井妙子共著、文芸春秋刊)を舞台劇にした。

 岸さんは1920年の生まれ。原節子や満映の大スター、李香蘭(りこうらん)と同年である。15歳で働き…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです