メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

幕末蝦夷探検家に学ぶ 松浦武四郎記念館主任学芸員・山本命氏

松浦武四郎記念館主任学芸員、山本命氏。チラシ(左)の人物は松浦武四郎

多様性認め同じ目線で

 幕末の探検家で北海道の名付け親としても知られる松浦武四郎(1818~88年)が注目を集めている。今年は武四郎の生誕200年、北海道命名からは150年。蝦夷地(えぞち)(北海道)を6度踏破し、アイヌの苦難を記録するなど、旅に生きた生涯から何を学ぶべきか。故郷・三重県松阪市にある松浦武四郎記念館の山本命主任学芸員(42)に聞いた。【岸俊光】

--松浦武四郎は、北海道では知られた存在ですが、生まれ故郷の松阪市などでは近年、先駆的な業績が注目さ…

この記事は有料記事です。

残り2695文字(全文2925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです