メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

野生シカ増加、人里近くにも

ホンシュウジカの角は樹木などで削られ、先端は鋭くとがっている=東武動物公園で2018年9月19日、梅田啓祐撮影

 秋を象徴する動物として古くから親しまれてきたシカ。北海道から沖縄まで広く分布し、おとなしい印象もついて回る野生動物だ。主に本州に生息するニホンジカに注目してみた。

 ●角の「見た目」重要

 ニホンジカを飼育している東武動物公園(埼玉県宮代町)を訪れた。園内のシカゾーンに体を横たえたホンシュウジカのクロマツ(雄)は、つぶらな瞳に茶色の毛並みを持ち、長く枝分かれした雄特有の頭の角がたくましい。「繁殖期の秋には雄同士が角を突き合わせるので、非常に硬くて鋭い」と、飼育係の大西秀弘さん(47)は説明する。角は毎年春になると落ち、新しい角に生え変わる。シカにとっては「見た目」も重要で、鳥のとさかやライオンのたてがみのように立派であればあるほど雄として優れているそうだ。

 国内に生息するニホンジカはエゾシカ、ツシマジカなど7亜種がいる。中でも本州で暮らすホンシュウジカは…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです