メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

しあわせなハリネズミ/2

しあわせなハリネズミ 2

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん) 藤野恵美(ふじの・めぐみ) 絵(え) 木原正智(きはら・まさとも)

 ハリネズミは、かんがえることがすきでした。

 あることについて、かんがえだすと、とまらなくなるのです。

 うさぎと花(はな)かざりについても、ハリネズミはかんがえつづけました。

 「その花(はな)かざりは、なんのために、つけているんだ? ああ、そうか、わかったぞ。うつくしい花(はな)をつけることで、きみじしんもうつくしくなれるような気(き)がするから、つけているのだな。しかし、花(はな)のうつくしさと、きみのうつくしさは、べつものだ」

 ハリネズミは、あたまにうかんだことを、どんどん、口(くち)にだします。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです