メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

医学生理学賞に本庶さん 妥協なき探究心、開花 発見26年、広がる治療(その2止)

生化学者の早石修・大阪バイオサイエンス研究所理事長=大阪府吹田市の同研究所で2012年8月7日、森園道子撮影

日本の生化学研究、脈々 京大・早石教室で磨き合う

 本庶さんが学生時代に師事したのが、日本の生化学分野の開拓者だった早石修・京都大名誉教授だ。早石さん自身も長らくノーベル賞の有力候補と言われながら、2015年末に95歳で亡くなった。ただ、世界をリードする研究者を何人も育てており、後継者とも言える存在だった本庶さんが、ついに栄光をつかんだ。

 早石さんは生命の維持に必要な物質を作る「代謝」が起きる時、呼吸で取り入れた酸素が使われることを突き…

この記事は有料記事です。

残り3085文字(全文3304文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです