メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん、際立つ「本質見抜く力」

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大高等研究院特別教授。本庶さんは小学生のころから自然科学に興味を持っていたという。望遠鏡で飽きることなく夜空を観察し、土星の輪を見て感動。「天文学者になりたい」と思った時期もある。小学校からネーティブスピーカー相手に英会話のレッスンを重ねるなど、「英才教育」も受けた。

 弁護士や外交官になることも考えたが、選んだのは父親と同じ医学の道だった。1960年に京大医学部に進…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです