メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日帰りツアー

津軽に息づく“関西” 秀吉や三成ゆかりの地巡る 和菓子「大阪屋」など 弘前で満喫 /青森

 豊臣秀吉や石田三成など、津軽地方に残る関西にゆかりの場所を巡るツアー「関西日帰りの旅in弘前」が2日、弘前市で開かれた。同市や青森市などから8人が参加し、津軽に今も息づく“関西”を満喫した。

 ツアーは、同市の旅行会社「たびすけ合同会社西谷」が企画。同社ガイドの前田優子さんの案内で、秀吉の木像を御神体として安置した弘前城館神(たてがみ)跡や、大坂夏の陣の後に関西から弘前にやって来た武士が創業したとされる和菓子屋「大阪屋」、三成の子孫の墓がある宗徳寺などを約2時間かけて巡った。

 大阪屋は、初代・大阪屋三郎右衛門が福井姓を名乗り、1630(寛永7)年に創業。弘前藩御用達の御菓子…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです