メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

中華街の歴史を一冊に 史料探査と聞き取り重ね 横浜ユーラシア文化館副館長・伊藤泉美さん /神奈川

 横浜市中区の横浜ユーラシア文化館で副館長を務める伊藤泉美さん(55)が、横浜中華街の歴史的経緯を詳述した著書「横浜華僑社会の形成と発展-幕末開港期から関東大震災復興期まで」(山川出版社)を書き上げた。

 中国から海外に移住した華僑。学生時代から華僑にひかれていた伊藤さんは「なぜ、いつから横浜に中華街があるのか」という素朴な疑問から、横浜華僑社会と街の歴史の研究を始めた。

 伊藤さんによると、横浜華僑の歴史に関する研究は、関東大震災と第二次世界大戦中の空襲によって史料が焼…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セサミストリート ビッグバード着ぐるみの役者が引退
  2. KYB改ざん データ欠落、安全揺らぐ 免震装置不正
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  5. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです