メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん医学生理学賞 「医療産業の神戸」推進に力 構想段階から関わり /兵庫

本庶佑さんのノーベル医学生理学賞受賞が決まり、記者会見する神戸医療産業都市推進機構の村上雅義専務理事(右)と太田明夫免疫機構研究部長=神戸市中央区港島南町2で、黒川優撮影

 医療先端都市としてさらなる飛躍を--。京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)がノーベル医学生理学賞に選ばれ、本庶さんが理事長を務める神戸医療産業都市推進機構(神戸市中央区)の関係者から喜びの声が上がった。医療産業都市は阪神大震災(1995年)の復興を願って生まれたプロジェクトで、本庶さんは構想段階から関わった。同機構幹部は「神戸の活性化につながる」と期待した。【米山淳、黒川優、目野創】

 「構想から20年。大きく育ってほしいし、受賞が少しでもプラスに働けばうれしい」。本庶さんは1日夜、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです