メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん医学生理学賞 「若い研究者に刺激」 教え子の奈良先端科学技術大学院大・石田准教授が喜びの声 /奈良

本庶氏の研究室時代について語る奈良先端科学技術大学院大の石田靖雅准教授=奈良県生駒市高山町の同大で、姜弘修撮影

「PD-1」発見 研究は一生の宝物

 今年のノーベル医学生理学賞に決まった京都大高等研究院の本庶佑特別教授(76)の教え子で、授賞につながるたんぱく質を発見した奈良先端科学技術大学院大(生駒市高山町)の石田靖雅准教授(57)が2日、同大で毎日新聞の取材に応じた。恩師の偉業に「大変素晴らしいこと。まだまだ現役を続けられ、若い研究者を刺激し続けてほしい」と喜びを語った。【姜弘修】

 石田准教授は「自分がやりたい免疫系の研究ができるのはここしかない」と決意し、1980年代には「既に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです