メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

自治体、配慮する取り組み広がる 書類の性別欄を削除 職員向けハンドブック /熊本

 熊本、宮崎、鹿児島3県の自治体で窓口に提出する申請書の性別欄を削除したり記入を任意にしたりするなど、性的少数者(LGBTなど)に配慮する取り組みが広がっている。職員採用の応募書類で性別記入を任意にした市もあり、多くの自治体が小さなことから当事者に寄り添って苦痛や抵抗感を和らげようと模索している。【塩月由香、城島勇人】

 宮崎市は6月、性別欄がある申請書など565件のうち198件は性別記入が不要と判断。コンビニエンスス…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです