メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

外国人就労の拡大策

竹増貞信氏

 政府は来年4月から、外国人の就労を目的とした在留資格を新設し、2025年までに新たに50万人以上を受け入れ、深刻化する労働力不足に対応する考えだ。外国人労働者は5年連続で増加し、割合は10年の1%から17年には2%まで増えた。「50人に1人」と身近になり始めた外国人と共に働き、生活するための準備と心構えとは。

この記事は有料記事です。

残り4369文字(全文4525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです