メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

物理学賞は米仏カナダの3氏 レーザー手法で

ノーベル財団の公式サイトより

 スウェーデン王立科学アカデミーは2日、2018年のノーベル物理学賞を米国のアーサー・アシュキン博士、フランス理工科学校のジェラール・ムル博士、カナダ・ウォータールー大のドナ・ストリックランド博士に授与すると発表した。高密度に集めた光を扱う「レーザー物理学」の分野で、これまでになかった手法を1980年代に切り開き、産業や医学分野への応用を広げたことが評価された。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです