メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

末松広行氏

山田公取委事務総長は春日部高

 埼玉県の2回目は公正取引委員会や農林水産省、経済産業省、国土交通省、会計検査院から出身者を紹介する。

 公取委では、事務総長の山田昭典氏(一橋大法81年公取委)が草加市出身で、県立春日部高を卒業している。

 農水省では、事務次官の末松広行氏(東大法卒83年農水省、写真)が県立浦和高卒だ。さいたま市(旧浦和市)に育ち、高校は引っ越し先の草加市から通っている。一昨年6月から交流人事で経産省産業技術環境局長に出ていた。高校では剣道部に所属。「冬の寒稽古はつらかった。高校の恒例行事の強歩大会の前には体を鍛えた。通学のJR武蔵野線は当時、1時間に1、2本しかなく苦労した」と話す。生産振興審議官の菱沼義久氏(東北大農83年農水省)は、浦和の同級生で同じクラスになったこともあるという。作家の佐藤優氏や日本プロサッカーリーグ理事長(Jリーグチェアマン)の村井満氏も同級生という。

 前近畿農政局長の新井毅氏(東大法85年農水省)は、所沢市出身で高校は都内の私立巣鴨高を卒業した。農…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1365文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです