メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

自動車新時代 50年までに温室効果ガス8割削減

富士スバルラインで行われたEV、FCVによるパレードラン=山梨県富士河口湖町の富士スバルライン料金所付近で2018年7月11日

電動車普及と充電・充てんのインフラ整備加速 経産省 

 自動運転や電動化など車をめぐる技術革新が急速に進む中、経済産業省の「自動車新時代戦略会議」は2050年までに温室効果ガスを1台当たり10年比8割減とする中間まとめをした。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動車は100%と想定し、世界最高水準の環境性能を目指す。そのために今後5年間の重点取り組みとして国際協調やインフラ整備など社会システムの確立など3本の柱を示した。経産省は今後、使い方やサービス面でも進化する自動車について世界をリードする戦略の議論を進める。

 自動車業界では新興市場が急拡大し、市場の構造変化が起きている一方で、ベンチャーやIT(情報技術)関…

この記事は有料記事です。

残り2324文字(全文2639文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです