メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

宿泊税 観光地抱える自治体に広まる

観光客で混雑する京都・祇園の四条通=京都市東山区で2018年3月24日

背景にインバウンド増による財政需要の膨張

 ホテルや旅館の泊まり客から徴収する宿泊税をめぐる動きが活発化している。京都市が今年10月、金沢市も来年4月から導入するなど観光地を抱える自治体を中心に広まりつつある。背景には、インバウンドの増加に伴う環境整備などの財政需要は高まっている実態がある。多くの自治体が財政のやりくりに四苦八苦する中で、住民にはあまり負担をかけない新たな税源として注目されている。

 宿泊税は地方税のうち使い道を特定する法定外目的税として2002年に東京都が全国で初めて条例を制定し…

この記事は有料記事です。

残り2267文字(全文2516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです