メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県ろうあ協会

「県に手話言語条例を」 互いに生きやすい社会へ /青森

 手話が言語であることを明確にする「手話言語条例」制定の動きが全国の自治体に広がる中、県ろうあ協会が県にも条例を制定するよう求めている。制定を機に、教育機関で手話講座を開いたり、医療機関や観光案内所で手話を取り入れたりする自治体も全国にはあり、同会は「条例によって、身近なところから手話への理解が進む」としている。

 全日本ろうあ連盟によると、全国で条例化しているのは24道府県、167市区町(10月2日現在)。20…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです