メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

化学賞は米国と英国の3氏 

ノーベル財団の公式サイトより

 スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を米カリフォルニア工科大のフランシス・アーノルド博士(62)、米ミズーリ大のジョージ・スミス博士(77)、英医学研究会議(MRC)のグレゴリー・ウィンター博士(67)に授与すると発表した。3氏は生物が進化する過程を参考に、有用なたんぱく質を人工的に合成し、バイオ燃料や医薬品などを作る新たな手法を開発したことが評価された。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)はアーノルド氏に半分、残りの半分をスミス氏とウィンター氏で分ける。ノーベル財団によると、アーノルド氏は化学賞では女性として5人目の受賞になる。

 生命は進化の過程で、淘汰(とうた)を繰り返しながら、有用なたんぱく質を選んで作り上げてきた。アーノルド氏はこの進化の過程をまねて、ランダムにたんぱく質を合成し、その中から役立つものだけを取り出すサイクルを繰り返す「指向性進化法」という方法を開発した。医薬品やバイオ燃料の製造に利用されている。

 スミス氏も進化の過程を参考にし、細菌に感染するウイルスを指す「ファージ」を利用してたんぱく質を効率よく選別する「ファージ提示法」を開発した。ウィンター氏は、この手法を使って関節リウマチなどに効く医薬品を作った。

 指向性進化法に詳しい古賀雄一・大阪大准教授(生物工学)は「この二つの手法でたんぱく質や酵素を自由に操り、人類が望むように作ることができるようになった」と話した。

【柳楽未来、酒造唯】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです