メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

広島市・原爆ドーム周辺(重松清「赤ヘル1975」) 「勝鯉」の希望、動力に前へ

 プロ野球・広島東洋カープがセ・リーグ3連覇を果たした。リーグ初優勝は1975年で、原爆投下から30年の節目だった。3連覇を機に、当時の広島を3人の男子中学生の視点で描いた重松清さんの「赤ヘル1975」の舞台を巡った。【御園生枝里】

 リーグ優勝が決まった先月26日、広島駅から路面電車に乗り換え、電停「原爆ドーム前」へ降り立った。路面電車の走る相生通りを挟んで、北側にはカープの本拠地だった旧広島市民球場跡地、南側に原爆ドーム。その先には原爆死没者慰霊碑、広島平和記念資料館がある。カープと広島の復興の結びつきを象徴するような場所だ。

 原爆により焼け野原になった広島で、市民がカープを創り上げた。喜怒哀楽を共にし、資金難には市民の「樽…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1299文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです