メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中核病院

整備へ協定 弘前市、機構、県、弘大が締結 /青森

 国立病院機構弘前病院と弘前市立病院の統合による津軽地域の新しい中核病院の整備に向け、弘前市、国立病院機構、県、弘前大は4日、同市で基本協定を締結した。同機構は2022年早期の開設を目指し、同日から新病院への改修などに伴う設計などの手続きに入った。

 締結式では桜田宏市長、同機構の楠岡英雄理事長、三村申吾知事、弘前大の佐藤敬学長らが基本協定書に調印した。

 協定書などによると、新病院は同機構が主体となって運営する。病床規模は450床程度で、新たに精神科や…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです