メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民支援団体「RAFIQ」

難民の現状知って ハウスでオープンデー 7日・淀川区 /大阪

アフガニスタン難民の男性と触れ合うRAFIQのスタッフやボランティアの人たち=大阪市淀川区で

 大阪の難民支援団体「RAFIQ(ラフィック)」が、活動内容や難民の現状を市民に知ってもらおうと7日、「OSAKAなんみんハウス」で、オープンデーを実施する。

 ラフィックは、高槻市在住の田中恵子さんが中心となり2002年に設立。16年10月には大阪市淀川区東三国の民家に、事務所兼シェルターのなんみんハウスを開設した。難民や難民申請中の外国人からの相談に乗ったり、生活支援をしたりする拠点にしているほか、難民の一時的な居住場所として活用している。…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです