メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民支援団体「RAFIQ」

難民の現状知って ハウスでオープンデー 7日・淀川区 /大阪

アフガニスタン難民の男性と触れ合うRAFIQのスタッフやボランティアの人たち=大阪市淀川区で

 大阪の難民支援団体「RAFIQ(ラフィック)」が、活動内容や難民の現状を市民に知ってもらおうと7日、「OSAKAなんみんハウス」で、オープンデーを実施する。

 ラフィックは、高槻市在住の田中恵子さんが中心となり2002年に設立。16年10月には大阪市淀川区東三国の民家に、事務所兼シェルターのなんみんハウスを開設した。難民や難民申請中の外国人からの相談に乗ったり、生活支援をしたりする拠点にしているほか、難民の一時的な居住場所として活用している。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです