メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒロシマを生きて

被爆記者の回想/31 サダコの周辺/5 治療費工面の苦労 転々とした父の理髪店 /広島

 私は、1945(昭和20)年1月以後は広島高等師範学校付属中(現在の広島大付属中・高)に特設された科学学級で学んだが、それ以前は同校正規学級東組の生徒であった。広島市立基町高の宮川裕行教諭は同学年の南組である。

 既述のように御父君の造六氏は、広島市教育長を務めた教育界の重鎮であった。宮川君の紹介で私は、基町高を卒業して社会人となった「団結の会」のメンバー、佐々木禎子さんの同級生数人から、本音の取材をすることができた。

 同級生たちが中学1年生の時に禎子さんが亡くなり「広島平和をきずく児童・生徒の会」が組織されて全国規…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです