メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

マルチモニターにおすすめなディスプレイ3選――省スペースになるアームも紹介!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

パソコンを使っていると、「画面が小さい! もっと大きな作業スペースが欲しい!!」と思うことは多いでしょう。たとえば、ブラウザで調べ物をしながら資料作りをしていると、必然的に複数ウインドウを展開しなくてはなりませんから、画面が手狭になってしまうはず。

 

そんなときにおすすめしたいのがマルチモニター。画面を2面にすることで、2つはもちろん3つのウインドウを展開してもウインドウをいちいち開閉する必要がなくなります。今回は、マルチモニターに適した3つのディスプレイを用途別に紹介していきますので、作業効率にお悩みの方はチェックしてみてください。

 

 

マルチモニターをするなら目的に合うディスプレイを選ぼう

どれを買っても同じだろうと考えがちのディスプレイですが、目の疲れに配慮した機能やデザイン性など、使用感に大きな差があります。

 

たとえば、目への優しさ。液晶の種類によって差が出てくるだけでなく、近年ではブルーライトを低減する機能を備えたモデルが多く登場しています。目が疲れにくいとされる非光沢液晶であることもポイントです。

 

また、PCとコンシューマーゲーム機で画面を併用する、あるいはPCでゲームを楽しむ、という方は、ゲーム向きのディスプレイ選びをする必要があります。そこで気にすべきは応答速度。操作を画面に反映するまでの速さを数値化したもので、これが遅いと頻繁な操作とリアクションが求められるFPSなどのゲームジャンルではプレイが不快になってしまうほか、勝敗に結び付くことすらあります。

 

また、ふちがないデザイン(ベゼルレス)のものを採用すれば、2つの画面がつながって見えるため、画面への没入感が格段にアップします。見え方にとにかくこだわる! という方は考慮してみましょう。

 

マルチモニターには、目への優しさとアームに対応したディスプレイがおすすめ

ディスプレイに様々な商品があることがわかったところで、マルチモニターに向いたディスプレイの選び方を紹介しましょう。ポイントは2つ、「非光沢液晶」と「VESAマウント対応」です。

 

複数画面を前に作業をすると、効率がアップする反面、目への負担も増えることになります。そのため、光沢液晶に比べて目が疲れにくいとされる非光沢液晶を採用しているモデルがおすすめです。

 

また、ディスプレイを2枚並べるわけですから、スペースの問題も発生します。ですが、アームを背面に装着できるVESAマウントを搭載しているモデルであれば、スペースを節約しながら2枚のディスプレイを設置できます。アームの使用は必須ではありませんが、将来的な配置変更まで考慮して、VESAマウント搭載のものを選んでおくのが賢明でしょう。

 

↑VESAマウント対応のアームの、PCモニターとの接続部。モニター背面中央と、このアームをビスで固定する

 

今回は3種類の商品をピックアップしましたが、以上の2点を満たしていることを選定要件としています。

 

[01]

とにかく目に優しい! ちらつき&ブルーライトを軽減する23.6インチモデル

フィリップス

246E7QDSB/11

実売価格1万4190円

どのような用途であっても、目への負担が気になるという人は多いでしょう。そこでおすすめしたいのがこちらのモデル。まぶしすぎず、目に優しいタイプの液晶を搭載し、画面のちらつきを抑える機能、ブルーライトを低減する機能も兼備しました。おまけにベゼルレスで、マルチモニターをした際のデザイン性もばっちりです。

 

<注目ポイント>

・まぶしすぎないPLS液晶採用で長時間の使用でも疲れにくい

・画面のちらつき&ブルーライトを抑止し、目の負担をさらに低減

・ベゼルレス&スタイリッシュなデザイン

広い視野角を持ち、まぶしすぎない明るさで目に与える負担が低いとされるPLS液晶を搭載しているだけでなく、画面のちらつきを抑えるちらつき防止テクノロジー、ブルーライトをカットするローブルーモードを装備。とにかく目が疲れないディスプレイです。

 

ベゼルレスかつシンプルな外装で、見た目はとてもスタイリッシュ。しかも1万5000円を切る価格の安さでコスパも十分です。2枚買っても3万円でお釣りがきますから、マルチモニターをするのなら最強のモデルといっても過言でないかもしれません。

 

[02]

ゲーマーにおすすめ! 応答速度バッチリのe-sports向け24インチモデル

ASUS

VE248HR

実売価格1万5800円

お手ごろ価格のゲーミングディスプレイ。ゲームに求められる応答速度が高いだけでなく、10,000,000:1の高コントラスト比でメリハリのある映像表現を実現しています。ゲーマーだけでなく、鮮やかな映像を楽しみたいという方も注目すべきモデルです。

 

<注目ポイント>

・1msの高速応答速度でゲーミングディスプレイの基準をクリア

・残像が少なく、スポーツなど、動きの多い映像再生にも最適

・ASCRテクノロジーが生む色鮮やかな映像

通常の製品では、5~10ms(0.005秒~0.01秒)であることが多い応答速度。応答速度が10msであれば、操作をしてから画面に反映されるまで0.01秒かかります。このVE248HRは1ms、つまり0.001秒という高速を実現し、ゲーミングディスプレイの基準とされる速度をクリアしました。

 

また、残像を抑えた映像表現、ASCRテクノロジーによる高いコントラスト比も本品の特徴。ゲームをしないという方であっても、スポーツなど、動きの激しい映像の美しさを堪能したい、という方にはこちらをおすすめできます。

 

 

[03]

27インチ&ベゼルレス! コスパもデザインも最強

Acer

KA270HAbmidx

実売価格1万9480円

27型で横幅が約64cmあり、マルチモニターにするにはかなり大型のサイズ。スペースこそ取りますが、これを2枚並べれば没入感は抜群です。ブルーライトカット機能も秀逸で、長時間の使用でも目が疲れにくく、作業用としてもおすすめできます。

 

<注目ポイント>

・独自の技術Acer BluelightShield™を搭載し、ブルーライトを大幅カット

・消費電力を通常時から40%削減するECOモードを装備

・大型&ベゼルレスながら2万円を切る低価格

本品に搭載されたAcer BluelightShield™は、ブルーライト対策メガネと同レベルの効果を発揮する、Acer独自の技術。ブルーライトの透過率を50~80%まで4段階に調整可能で、目にも優しい製品です。また、消費電力を通常時から40%削減するECOモードを備えており、ランニングコストや環境にも配慮しています。

 

とはいえ本品の魅力はなんといってもコスパです! 通常では高くなりがちなベゼルレス大型ディスプレイが、2万円を切る低価格。低コストでも大型&スタイリッシュなディスプレイが欲しい、という方にはぴったりといえます。

 

[04]

設置スペースを抑えてくれる背面アーム

サンコー

4軸式くねくねモニターアーム MARMGUS192B

実売価格4596円

先に記載したとおり、今回紹介した3つのディスプレイはは、すべて背後に設置するアームの規格、VESAマウントに対応しています。VESAマウントに対応した背面アームであればすべて設置可能ですが、ここでおすすめするのは、サンコーの「4軸式くねくねモニターアーム MARMGUS192B」。実売価格約4500円と安価ながら、27インチまでのディスプレイに対応しているうえ、画面を上下左右に約180度移動可能と抜群の機能性を備えます。高いコスパから堂々の人気を誇っており、アームデビューには価格・性能の面からぴったりの商品といえるでしょう。

 

協力:楽天市場

【関連記事】
物議を醸しながらも大人気! ムダな機能を削ぎ落とした最新「タイプライター」
【インスタ】設定画面が見つからない…消えた?今どこに?最新の設定ボタンの場所はここ
3年間同じランニングウォッチを使い続けるランナーが最新モデルを試したら……ガーミン「vivoactive 3 Music」レビュー
クックパッドが出した「食器とキッチン雑貨」のECアプリの品揃えが◎! 料理好きは一度見てほしい
たまごっちにLINEで会えるって!「LINEで発見!!たまごっち」 の始め方、通知の設定方法をまとめてみた

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです