メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外仙谷由人元衆議院議員死去 民主党政権で官房長官
台風24号

塩害で鉄道トラブル相次ぐ 潮風が影響

 台風24号による潮風がもたらした塩分による「塩害」とみられる鉄道トラブルが相次いでいる。JR東日本や京成電鉄の一部の路線では3~5日、送電線が停電するなどして、列車が止まったり、大幅な遅れが発生したりした。台風が去ってから既に4日が経過しているが、意外な形でいまも住民生活に影響を及ぼしている。

     5日午前7時45分ごろ、千葉市中央区の京成線西登戸駅に停車中の列車が送電トラブルによる異常を感知し、一部区間で停電した。京成電鉄によると、西登戸駅隣のみどり台駅で送電線から火花が出た。同9時半ごろには、東京都江戸川区にある京成線の高圧線から出火を確認。京成電鉄は安全確認のため全線で運転を見合わせた。京成線の一部区間では3日夜~4日朝も停電で運転を見合わせていた。

     JR東日本の外房線や総武線でも5日早朝、列車のパンタグラフから火花が出るトラブルが発生。安全確認のために多くの路線で遅れが発生した。

     送電施設などに電気を通しやすい塩水が付着すると、電流が変わってショートすることがある。京成電鉄やJR東日本は、台風24号の強風がもたらした海水の塩分がトラブルを引き起こした可能性もあるとみて、詳しい原因を調べている。

     また、千葉県御宿町では2日夜、東京電力パワーグリッドの送電設備に付着した塩分が原因とみられる停電が発生した。同社の担当者は「付着した塩に弱い雨が降ると、電流のショートが起こりやすくなる。原因となる塩が残っている限り今後も起きる可能性はある」としている。【大久保昂、秋丸生帆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
    2. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
    3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
    4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
    5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです