メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

土砂崩れ面積13平方キロ 明治以降国内最大

広い範囲で山間部の土砂崩れが起きた北海道厚真町=9月12日、本社機「希望」から梅村直承撮影

 最大震度7を観測した9月6日の北海道の地震で、厚真町などで起きた土砂崩れの崩壊面積が推定約13.4平方キロと、記録が残る明治以降で国内最大だったことが5日、国土交通省への取材で分かった。

     国交省が、衛星写真や現地調査の結果を分析した。2004年の新潟県中越地震では約11.2平方キロ、1891年に愛知県や岐阜県で被害をもたらした濃尾地震では約10.8平方キロだった。

     一方、国交省によると、北海道の地震で崩れた土砂の体積は約3000万立方メートルとみられる。新潟県中越地震では約1億立方メートルが崩れたとされ、担当者は「今回の地震は、表層が広い範囲で崩れたのが特徴だ。一方で、土砂の量は比較的多くなかった」としている。

     土砂崩れは、36人が犠牲となった厚真町や隣の安平町を中心に多発していた。航空測量大手パスコ(東京)によると、約3800カ所で発生したとみられる。砂防学会の緊急調査で、山の表土層が崩れ、大量の土砂が田畑や川になだれ込んでいたことも分かった。(共同)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
    2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
    3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
    4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
    5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです