メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪大

19年秋にもiPS心筋移植 地震被災で遅れ

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大チームの臨床研究は、来年秋ごろに1例目の移植が実施される見通しとなった。iPS細胞の心臓病治療への利用は世界初。

 臨床研究は厚生労働省の専門部会が今年5月に大筋で承認。本年度中に1例目の移植を実施する計画だ…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  2. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  3. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです