メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

518 ぴょんぴょんローバー撮影

ほぼ無重力、雄大なジャンプ

 小惑星(しょうわくせい)探査機「はやぶさ2」から小惑星リュウグウに着陸してぴょんぴょん跳(と)びはねている2台のローバー(探査ロボット)から、リュウグウの表面の画像がすでに100枚以上、「はやぶさ2」本体を経由して送られてきています。2台合わせると、9月27日の時点で13回もジャンプしてあちこち縦横無尽(じゅうおうむじん)に移動していることも分かりました。1回あたり20~30メートルくらいのジャンプのようですね。重力がほとんどないから、ジャンプすると滞空(たいくう)時間が長く、15分くらい雄大(ゆうだい)にゆったりと跳び、まるでスローモーションを見ているような跳躍(ちょうやく)です。

 たとえば写真1は2台のローバーのうちの「ミネルバ2-1B」が撮影したもの。すごい光景ですね。まさに…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1331文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです