メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波超え「奇跡の花瓶」 7年ぶり再開の保育園戻る 書道展でも紹介 いわき /福島

 東日本大震災の津波で流され、行方が分からなくなっていたいわき市立豊間保育園の花瓶がこの春、7年ぶりに再開した同園に戻り「奇跡の花瓶」として話題になっている。60年近く前の卒園生たちが寄贈したもので、近くの住民が自宅に漂着した花瓶を保管し、園の再開に合わせて届けた。4月の入園式では花が生けられ、子どもたちの新たな門出を祝った。【笹子靖】

 被災前の豊間保育園は、海に近い同市平豊間地区にあった。周辺は津波でほとんどの家が流され、住民ら約2…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1085文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです