メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベラディッタ

松山で婦人服販売、事業停止 自己破産申請へ /愛媛

ベラディッタが営業していた店舗には、債務整理を受任した弁護士からの連絡が貼り出され、時折買い物客らが足を止めていた=松山市湊町4で、遠藤龍撮影

 松山市の中心商店街の銀天街などで婦人服店「ROP〓(ロペ)」「ViS(ビス)」などを展開していたファッション小売業者「ベラディッタ」(同市湊町4)とその関連会社が事業停止した。帝国データバンク松山支店が5日、発表した。既に店舗を閉鎖し、自己破産申請の準備に入っている。負債額は金融債務のみで2社合計が約3億800…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです