メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難指示出たまま…擁壁巡り福岡市と住民対立

豪雨で擁壁が崩れた源蔵池沿いの住宅。住民側は再発防止のため護岸整備を要望している=福岡市南区桧原で、宮原健太撮影

 広島や岡山、愛媛県に甚大な被害をもたらした西日本豪雨から6日で3カ月。福岡県内にも避難指示が出たままの地区が福岡市南区にある。豪雨により農業用のため池に面した住宅地の擁壁が崩れたのが避難指示の理由だが、崩落原因を巡って住民と市の意見が対立し、復旧が遅れている。

 「台風が来る度に家が崩れないか冷や冷やしています」。台風25号が迫りつつあった3日、福岡市南区桧原(ひばる)の葉石(はいし)誠造さん(74)は、土のうとブルーシートで応急処置をした自宅の擁壁を前に表情を曇らせた。

 葉石さん宅は、農業用のため池「源蔵池」に面した高台に建つ。水面のやや上から庭先まで池の斜面を覆うコ…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1128文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです