メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨3カ月

死者225人、423人なお避難生活

仮設住宅の完成検査をする県職員ら=西予市野村町野村の野村運動公園で2018年8月31日、中川祐一撮影

 西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報から3カ月を迎えた。毎日新聞が被害の大きかった広島、岡山、愛媛の3県の避難者を集計したところ前月から800人近く減り計423人。広範囲で浸水した岡山県倉敷市が最多の341人で、他に同県総社市29人、広島県は坂町22人▽広島市19人▽三原市12人、愛媛県はゼロになった。

 9月に広島県で行方不明者1人の遺体が見つかり、愛媛県で関連死2人も認定され、これらを含め15府県で…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです