メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん治療

骨髄移植で抗体失い 再接種に広がる助成

子供が受ける主な定期予防接種

 小児がん治療に伴って骨髄移植の手術を受けたなどの影響で、治療前に受けた定期予防接種ワクチンの抗体が失われてしまった子供を対象に再接種の費用を助成する自治体が増えている。予防接種法で公費補助は1回だけで、再接種は個人の全額自己負担となる中、名古屋市や大阪市など政令6市が独自の助成に乗り出し、九州でも佐賀県鳥栖市などが補助に取り組む。

 「最初は無料で受けていたことを考えると実費は重いですね」。佐賀県唐津市の中1男子(12)の母(41…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1343文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです