メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

明治の暮らし紹介 絵馬や民具など250点 南国 /高知

「貧乏徳利」を眺める来館者=高知県南国市岡豊町八幡の県立歴史民俗資料館で、北村栞撮影

 明治時代の高知の暮らしを読み解く企画展「維新が変えた庶民のくらし」が6日、県立歴史民俗資料館(南国市岡豊町八幡)で始まった。当時の庶民の日常が垣間見える絵馬や民具など約250点を展示している。12月9日まで。

 会場は3階の総合展示室の一部と、1階の企画展示室の2会場に分かれている。3階の会場では、明治期に興った自由民権運動や戦争の動乱を表した絵馬が見られる。その…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです