メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

明治の暮らし紹介 絵馬や民具など250点 南国 /高知

「貧乏徳利」を眺める来館者=高知県南国市岡豊町八幡の県立歴史民俗資料館で、北村栞撮影

 明治時代の高知の暮らしを読み解く企画展「維新が変えた庶民のくらし」が6日、県立歴史民俗資料館(南国市岡豊町八幡)で始まった。当時の庶民の日常が垣間見える絵馬や民具など約250点を展示している。12月9日まで。

 会場は3階の総合展示室の一部と、1階の企画展示室の2会場に分かれている。3階の会場では、明治期に興った自由民権運動や戦争の動乱を表した絵馬が見られる。その…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. 神戸市 日本初の「こうべ花時計」 最後の花の植え替え
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです