メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

盲導犬と歌う教諭(その1) 共に認め合う日まで

 ギターを抱えたミュージシャンが盲導犬に導かれて登場すると、通りがかりの人たちが足を止め、スマートフォンを向け始めた。

 9月9日の昼下がり。東京・渋谷では、各所で街頭ライブを展開する音楽フェスティバル「渋谷ズンチャカ!」があり、いつにも増してにぎやかだった。京王井の頭線渋谷駅近くの複合施設の1階に設けられたステージ。栗山龍太(りょうた)さん(42)がハーネス(胴輪)から左手を離すと、アンジー(雌、3歳)は慣れた様子で足元に伏せた。

 「僕は今から歌う『リアルビクトリー』を皆さんに届けたくて、きょう渋谷に来ました。パラアスリートを応…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです