メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『孤独の発明 または言語の政治学』=三浦雅士・著

 (講談社・3780円)

「俯瞰する眼」で批評の本質に迫る

 博覧強記の語りと批評的感性の力強さには圧倒された。文学評論の幅広い可能性を示すために、専門領域の境目をワープし、文体や修辞の工夫は憎いほど凝らされている。主題の反復や変奏を通して、言語や文学の境界を大きく超え、文字史、宗教史、思想史、ひいては文明史的な哲学思考になっている。

 批評精神とは何か。すべてはこの根本的な問いかけから始まっている。いうまでもないことだが、文芸批評の…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2006文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. ジャパネットたかた 再発防止命令 違法な価格表示で
  5. ことば 地面師

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです