メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ジャパンOP 日本9度目V

 フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本、欧州、北米の3地域対抗戦としてさいたまスーパーアリーナで行われ、男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、プロスケーターの織田信成さん、女子の宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)で挑んだ日本は、総合得点621・91点で、2年ぶり9度目の優勝を果たした。

 大会は1チーム4人(男女各2人)の混合団体戦で、フリーの合計点で争う。宇野は4回転ジャンプでミスが出たものの、186・69点で男子6選手中1位。4-3回転の連続ジャンプを決めた織田さんが、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、ネーサン・チェン(米国)を抑えて176・95点で2位。女子は坂本が130・28点で6選手中2位、宮原が127・99点で3位。五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシ…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです