メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島

富岡産の米 東京のイベントで販売 原発事故後初

イベントで販売された福島・富岡産の「天のつぶ」。訪れた人が次々と買い求めていた=東京都品川区で2018年10月6日、曽根田和久撮影

 東京電力福島第1原発事故による全域避難を経験した福島県富岡町で収穫された新米が6日、東京都品川区のJR大崎駅周辺で開催中のイベント「しながわ夢さん橋」で販売された。かつてはこのイベントで毎年販売していたが、原発事故以降では初めて。関係者は「おいしいコメを首都圏でPRしていきたい」と富岡産米のファン拡大に意気込んだ。

 販売されたのは、同町下郡山の水田約480アールで稲作に取り組んでいる「ふるさと生産組合」が生産した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです