メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 放射性物質 試験焼却中の大気汚染 市民団体、独自測定へ /宮城

 東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質に汚染された牧草の焼却問題で、大崎地域広域行政事務組合の試験焼却に反対する市民団体は、焼却場周辺で放射性セシウムを独自に測定することを決めた。同組合側の「焼却で放射性物質が大気中へ拡散することはない」との主張に対し、測定で反証するのが狙いという。

 市民団体「放射能を拡散させる『一斉焼却』をスルナ・サセルナ市民集会実行委員会」が6日、確認した。事務局の中嶋信・…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです