メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

安来の手すき和紙職人・長島勲さん 次世代の成長見守る /島根

手すきの和紙を作り続ける長島勲さん=島根県安来市広瀬町の広瀬和紙で、鈴木周撮影

長島勲(ながしま・いさお)さん(81)

 幕末の1860年ごろから、農家の副業として和紙作りが盛んだった安来市広瀬町地区。同町下山佐に1973年、手すき和紙の工房「広瀬和紙」を開いた。「お客さんの要望に合わせ、きめ細かく調整できるのは手作りならでは」と、45年間工房を守っている。

 82年に県ふるさと伝統工芸品に指定された広瀬和紙。封筒や便箋のほか障子紙などに使われる。クワ科の楮(こうぞ)が原料で、木の繊維質を生かしたざらりとした手触りや、破れにくい丈夫さが特徴だ。

 和紙作りを始めたのは15歳。酪農と和紙工房を営んでいた両親を支えるためだった。24歳で本格的に和紙…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文959文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです