メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直寛が使った辞書を手にする栗山秀樹さん。高知市立自由民権記念館で展示された=高知市の大同生命保険高知営業部で、井上大作撮影

 通された応接室からは、JR高知駅前の龍馬像が見渡せました。まさにうってつけの場所と思っていると、その方が入って来られました。大同生命保険の高知営業部長、栗山秀樹さん(46)。坂本龍馬のおい、坂本直寛(なおひろ)の子孫です。今春、長年の希望がかなって高知に転勤されました。「直寛が開拓団と一緒に北海道に向かってから約120年。その子孫の一人としてようやく高知に来ることができた。そんな思いでいっぱいです」

 栗山さんとはある会合で出会い、その生い立ちを知りました。何もかもが“龍馬づくし”の高知。実際に住ん…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1318文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. 神戸市 日本初の「こうべ花時計」 最後の花の植え替え
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです