メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞世論調査

改造で政権浮揚、不発 党内配慮が裏目

 6、7両日に毎日新聞が行った全国世論調査で、安倍内閣の支持率は横ばいの37%だった。2012年末の第2次内閣発足後に安倍晋三首相が行った5回の内閣改造のうち、支持率が上がらなかったのは14年9月以来。与党には落胆の声もある。【竹内望、遠藤修平】

 首相は麻生太郎副総理兼財務相ら「骨格」を続投させる一方、派閥の要望を踏まえて12人を初入閣させた。野党に「在庫一掃」と酷評され、与党でも答弁能力を不安視する声が多い。公明党関係者は「総裁選で石破茂元幹事長が善戦して不安になり、党内配慮であんな布陣になった。これでは支持率は上がらない」と突き放す。石破氏は取材に「首相が『地道に研さんを積んだ人たち』と評価して選んだ。首相が全責任を負うことになる」と語った。

 調査の時期の違いなどから単純に比較できないが、12年末の組閣後、14年9月の改造後の支持率は47%…

この記事は有料記事です。

残り3000文字(全文3377文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです