メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK記者過労死

公表から1年 両親「なお苦しみ」 再発防止求める

娘の未和さんのことを語る佐戸恵美子さん(右)と守さん=東京都内で2018年9月28日、藤井太郎撮影

 NHKが、首都圏放送センター記者だった佐戸未和(さどみわ)さん(当時31歳)が2013年に過労死していたことを公表して1年を迎えた。明るい人柄で、社会的弱者に寄り添っていた未和さん。両親は「苦しみは癒えない。二度と繰り返してはいけない」と話し、マスコミ業界を含め日本の企業社会の長時間労働をなくすために声を上げ続けている。【犬飼直幸】

この記事は有料記事です。

残り2429文字(全文2597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです