メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレーボール

女子世界選手権 日本、フルセット制す

 第7日の7日、名古屋市のガイシプラザなどで2次リーグが始まった。世界ランキング6位の日本はフルセットの末、同9位のドミニカ共和国に競り勝った。1次リーグの成績が持ち越されるため、日本は通算5勝1敗となった。第1、2セットは古賀紗理那(NEC)と黒後愛(東レ)が効果的にスパイクを決めて連取。第3、4セットは高さのあるドミニカ共和国のブロックが機能して追いつかれたが、最終セットは途中出場の石井優希(久光製薬)が攻守で奮闘し、接戦を制した。2次リーグは16カ国・地域が2組に分かれ、各組3位までが3次リーグに進出する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです