メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

物議を醸しながらも大人気! ムダな機能を削ぎ落とした最新「タイプライター」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

いつか小説を書きたいーー。

 

そんな夢を長年抱いている方はたくさんいらっしゃるかもしれません。スマートフォンやパソコン、ペン、紙など文章を書くのに必要な道具はすべて揃っている。しかし、小説を書くという目標がなぜかいつも達成できない。やる気を出して書き始めてみたけど、数行書いた途端にメールやFacebookが気になってしまう。こういった具合に集中力が乱れて、挫折してしまうのが典型的なパターンではないでしょうか?

 

小説を書きたいというと、ちょっと大げさですが、文章を書いたり、日記を継続的につけたいという人にオススメしたいのが、現在Indiegogoで人気を博している「Traveler」。このデバイスは文章をひたすら書くためだけに設計された、E Inkディスプレイ搭載のタイプライターなのです。メールやインターネット、アプリなど、現代のパソコンに標準装備されている機能は何もできません。ただひたすら画面に文字を打ち込むだけなんですね。

Wi-Fiにつなげることはできるようですが、それもクラウド上に保存された文章とシンクするためだけにしか使えません。パソコンやスマホと違って、画面上にメッセージ通知が表示されたり、YouTubeのアイコンが魅力的にギラギラと見つめてきたり、SNSの「いいね!」通知が来ることもありません。ゲームなんてもってのほかです。

 

文章を書くことの一番の難関は「集中力の持続」でしょう。一段落書いた後にちょっと調べ物と思って検索をしたら、ついつい表示されたニュース記事を次から次に読んでしまい、最終的に猫の動画集に行き着き、「あれ? 何をしてたんだっけ?」というような経験は多くの人がしているはずです。

 

実は同じクリエーターたちによる「Freewrite」というE Inkタイプライターが2016年にも発売されており、そのときも海外メディアでは大きな話題になりましたが、それからさらに軽量になったうえ、デザインも進化したのがTravelerなんです。

Amazon Kindleを使っている方は馴染みがあるかもしれませんが、E Inkって本当に目に優しいんですよね。長時間スクリーンを見つめていても、スマホやタブレットを見ているときのような目の疲れが起きません。カフェや公園など屋外で使う際でも、画面が太陽光でとんでしまうということもないんです。

 

重さは約900g。大きさも通常のラップトップの半分程度ということなので、持ち運びも簡単です。バッテリーは一度の充電で4週間はもつとのこと。旅行先、出張先、カフェ、図書館、自宅と、あらゆる場面に携帯することができます。だから「Traveler」という名前なんですね。

気になる価格は、驚きの約3万8000円(配送料別途必要)。ここまで読んで「5000円くらいなら買ってもいいかな」と思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、一般発売時の価格は約6万8000円の予定。高性能なタブレットも買えてしまうほどの価格に驚いてしまいますよね。

 

コストパフォーマンスについて考えると、ラップトップコンピューターやタブレットほどの機能性がないので、Travelerの価格は高過ぎるように見えます。しかし、たくさんの機能がついていることこそが、本製品が解決したい根本的な問題なのでした。プレミアム価格を支払ってシンプルな機能だけが備わったデバイスを獲得する。これはこれで潔いのかもしれません。

 

Freewriteが最初に発表されたときも「500ドルのFreewriteは見栄っ張りなヒップスター向けのナンセンス」と複数の海外メディアに批判されていた一方、「しっかりと考えられたテック」という肯定的な評価もありました。

 

Indiegogoのコメント欄にも「Freewriteも1年前に購入したんだけど、まったく後悔していない。今回も購入するよ!」「素晴らしい。これは楽しみ」「すぐに予約した」「待ちきれない!」と興奮の予約者たちの声が集まっています。

 

Indiegogoでは、すでに目標金額の約570万円をはるかに超える2900万円以上が集まっています(10月5日時点)。本製品はニーズを的確に捉えているということでしょう。

 

確かにプロダクト紹介用のYouTubeにも「カネの無駄」「この価格ならラップトップが買える」「使えない。マーケットなんて存在しない。破産は明らか」と辛辣な言葉が並んでいます。しかし、これだけのお金が集まっているということは、このような批判が間違っていることを証明しているのかもしれません。

人間の性質を考慮して、ひとつのタスクが達成できるように機能とデザインをひとつに絞り込む。そういう視点で考えると、Travelerは納得の買い物かもしれませんね。

【関連記事】
【インスタ】設定画面が見つからない…消えた?今どこに?最新の設定ボタンの場所はここ
3年間同じランニングウォッチを使い続けるランナーが最新モデルを試したら……ガーミン「vivoactive 3 Music」レビュー
クックパッドが出した「食器とキッチン雑貨」のECアプリの品揃えが◎! 料理好きは一度見てほしい
たまごっちにLINEで会えるって!「LINEで発見!!たまごっち」 の始め方、通知の設定方法をまとめてみた
マルチモニターにおすすめなディスプレイ3選――省スペースになるアームも紹介!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです