メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学系23学会

肥満症の撲滅目指し「神戸宣言2018」

 日本肥満学会など国内の医学系23学会は7日、肥満症の撲滅を目指し、分野を超えて連携する方針を盛り込んだ「神戸宣言2018」を発表した。肥満症は内科だけでなく、整形外科や婦人科、精神科など幅広い診療分野で健康障害を引き起こす。各学会は合同で啓発や研究を進めるほか、患者の診療記録の共有化などを検討する。

     神戸市で7日あった日本肥満学会で、春日雅人・日本医学会連合理事らが出席して合意した。宣言では、肥満症の診断基準に含まれる糖尿病や高血圧など11種類の疾患以外にも、がんや心不全、筋肉量減少など多くの病気との関連が指摘されていることを挙げ、「わが国の英知を結集し、領域横断的に対応することが必要だ」と訴えている。

     肥満症は体格指数(BMI)25以上の肥満に加え、肥満に起因する11疾患があるか、内臓脂肪が過剰に蓄積している状態を指す。治療や予防策は多岐にわたるため、専門医以外の協力が不可欠として、全国の医師ら約100万人が加盟する日本医学会連合が昨年12月にワーキンググループを作り、各学会の連携を協議していた。【阿部周一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
    2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
    3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
    4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
    5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです