メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 臼杵陽さん 複眼的に、流れを描く

臼杵陽さん=藤井太郎撮影

 ■「中東」の世界史 臼杵(うすき)陽(あきら)さん 作品社・2808円

 アラブの春、「イスラム国」(IS)、シリア内戦など中東に関わるニュースは近年よく目にする。しかし問題の構造は複雑で、理解しにくい場合も多い。この本は18世紀末のナポレオンによるエジプト遠征から現在まで、200年にわたる中東の歴史を、世界史的な視野の中で描いている。

 「アラブ諸国を中心とする中東近現代の通史は、日本で書かれていませんでした」。オスマン帝国による支配…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです