メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 浅生鴨 『どこでもない場所』

困った人だけど、いるといい存在 「生産性」なんてあってたまるか

◆『どこでもない場所』浅生鴨・著(左右社/税別1700円)

 『どこでもない場所』は、いつも道に迷い、何かに巻き込まれ、その結果、どこでもない場所にたどり着いた経験を綴(つづ)ったエッセー集だ。

「自分のことを書くのって恥ずかしいですね。いまこうして話しているのも恥ずかしい」

 そう言って、浅生鴨さんは笑うが、サングラスの奥の表情はよく見えない。

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです