メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
子供の非行

元教諭が「非行に悩む親の会」 佐々木さん「県内に語り合える場を」 自身の経験、契機に /青森

 親の育て方に問題があると見られることもある子供の非行。当事者になった親は周囲から白い目で見られることを気にし、悩みを抱え込む。そんな親が胸の内を語り合える場を青森にも作ろうと、自身も息子が非行に走った元小学校教諭、佐々木りえ子さん(55)=平川市=が近く「親の会」を設立する。21日に設立に向けた最初の会議を開く。【一宮俊介】

 「子供が生きているだけでいい。そう思えるようになって、息子への関わり方が変わった」。次男の生活が荒…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1110文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  3. 天皇在位30年式典、共産党は不参加
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです