メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地から

西日本豪雨 町の活気戻って 避難の夫婦、生活再開 浸水の肱川町地区 /愛媛

西日本豪雨後に町から離れる人たちが増え、人通りが少なくなった商店街=愛媛県大洲市肱川町山鳥坂で、遠藤龍撮影

 「この町も人がいなくなった」。周りを見渡して河野幸子さん(84)はぽつりとつぶやいた。鹿野川ダム直下の大洲市肱川(ひじかわ)町地区。この地区でも肱川は支流域まで氾濫し、犠牲者も出た。

 「肱川と共存して生きてきた。あんな茶色く濁った湖のようになるなんて……」。防災無線の放送が流れたと思ったら、胸のあたりまで水が来た。対岸の公民館には避難できず、裏山に逃げた。「家の前を車やドラム缶が流れ…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  2. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  3. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  4. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  5. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです